注目のWebマーケティング手法:インバウンドマーケティング

特定のサービスや商品について強い関心を持っているユーザー自らが関連する情報を見つけ出すというマーケティング手法がインバウンドマーケティングと呼ばれるものです。
インバウンドマーケティングには複数の例があり、ユーザが過去に閲覧した情報の履歴を元にし、ピンポイント的に広告を表示させて特定のウェブサイトに誘導する方式やブログ、メルマガがあります。

つまり、有益性が高いと感じられる情報を事前に用意しておき、検索エンジンなどをきっかけとして探し出してもらい、顧客の確保に繋げるというマーケティング手法です。
こうした仕組みからわかるように、かつてのマーケティング手法に比べ、いかに効率的に良い情報が届けられるのかが大切になるのです。
かつてのマーケティング手法は、不特定多数の人々に対して企業が一方的に訴求活動を行っていくのですが、根本的に提案する情報について興味関心が無い方が大半なので非常に非効率的ですし、興味がない案内をしつこく訴求されるとブランドイメージ自体に傷が付いてしまう恐れもあります。

一方、インバウンドマーケティングは手間をかけてキーワードを入力し、検索結果からウェブサイトに訪問してくれているわけなので、関心を抱いていることは確実ですしとても強い気持ちであると言えます。
そこで、良い案内を届けることができれば一気に顧客を獲得することができ、ロイヤリティを高められるようになるため業績に直結した結果が得られるようになります。
このようなインバウンドマーケティングは、インターネットが情報収集の術として確立した今日においてあらゆる事例に対応可能なのですが、取り分けて適しているのがユーザが検討する時間が長い高価格帯の物事です。
具体的には住宅や自動車、旅行などが挙げられ失敗すると大きな損失を被るため慎重に判断しなければならないものが挙げられます。
また、ITに纏わるサービスや美容アイテムなど目的は同一でも様々な選択肢が用意されている事例もインバウンドマーケティングに向いています。

出版社

日本において漫画は、国民的な娯楽です。
昔は子どもが読むものと思われていましたが、今では大人が読んでもおかしく思われません。
そればかりか、20代や30代の男性を対象にした、青年コミックも当たり前のように存在しています。
これだけ幅広い世代に愛されている漫画は、出版社にとっても無視できる存在ではありません。
そのため、少年や少女向けの漫画雑誌やコミックは発行していなくても、大人向けの青年コミックを発行している出版社もあるぐらいです。
しかし、少年少女向けの作品と、大人向けの青年コミックでは同じ漫画でもまったく違います。

少年少女向けの作品は、基本的に派手です。
描かれる絵柄も派手ですし、ストーリーもドキドキハラハラとさせてくれる作品が中心です。
それに対して青年コミックは、一見すると地味です。
絵柄も地味ですし、ストーリーの展開も激しくありません。
地味な絵柄で淡々と展開していくので、面白くないと感じる人もいるほどです。
しかし、年齢を重ねて大人になると、青年コミックの面白さに気付かされます。
絵柄もストーリーも派手な作品も良いですが、そればかりでは読むのに疲れたり飽きたりします。

その点の青年コミックは、非現実なストーリーよりも日常生活でありそうな話です。
そのため、より感情移入することできて、主人公に自分を重ねる大人も多くいます。
派手な作品ばかりだと、成長するにつれ漫画から離れてしまいます。
しかし、大人も楽しめる作品が普通に読めるからこそ、日本では年齢や性別を問わず、国民の娯楽として定着しているのでしょう。
出版社が青年コミックを出版するときも、ターゲットである大人が楽しめることが最優先です。
子どもが好むタイプより大人が好むタイプの絵柄を採用し、ストーリー展開も大人が共感できる話を組み立てています。
同じ漫画であっても、青年コミックと少年少女向けの作品では、出版社の作り方はまったく違うというわけです。

■立川のサロン
ミュゼ立川店|WEB予約と店舗案内(南口店と北口店)はコチラ!

出版の仕事を通じて身に着くスキルや経験

出版の仕事は他の業種には無いようなスキルや経験が身に付きます。出版は一人の力で仕事を完遂することが出来ず、多くの人の協力を得ながら作業を進めなければなりません。その過程で、自分自身も大きく成長できるのです。
まず、出版の仕事として代表的なものが編集者です。編集者は担当する作家が作品を完成させることをサポートする役割を担うことに加え、その作品が雑誌に載ったり単行本として書店に並ぶまでの責任を持ちます。作家が執筆しているときには進捗状況を管理したり取材を代行することが主な仕事で、ときにはアイデアを出したり差し入れをするといったクリエイティブな能力や細やかな気遣いも身に付きます。また、原稿を受け取ったあとはその原稿を編集長や印刷工場に引き渡しますが、スケジュール通りに物事が進むことは珍しく、入稿を待ってもらったり印刷機を止めてもらうといったイレギュラーなことも行わなければならないため、対人折衝能力が必要になります。こういったスキルは経験とともに身に付くほか、先輩から指導を受けて身に付く場合もあり日々勉強なのです。

さらに、編集者はライターとしての能力も要求されます。自分で記事を書けなければ編集の仕事はつとまりません。読者の共感を得る記事や訴えかける記事を書くスキルも身に付きます。
出版の仕事に欠かせないのが営業です。いくら雑誌や書籍が完成したとしても、書店においてもらえなければ意味がありません。営業は各地の書店をまわり、自社が出版する本の発注を受ける仕事です。自分が売る商品を深く理解していなければ商品を売ることが出来ないので、大量の本を迅速に読み込んで要点を掴み、書店にアピールするインプット能力とアウトプット能力は他の業種の営業でも役立ちます。
出版の仕事を通じて身に付くスキルや経験は、他業種でも活かせるものばかりなのです。逆に、他業種から転職した際にも前職で身に付けたスキルや経験を活かすことが出来るとも言えます。