注目のWebマーケティング手法:インバウンドマーケティング

特定のサービスや商品について強い関心を持っているユーザー自らが関連する情報を見つけ出すというマーケティング手法がインバウンドマーケティングと呼ばれるものです。
インバウンドマーケティングには複数の例があり、ユーザが過去に閲覧した情報の履歴を元にし、ピンポイント的に広告を表示させて特定のウェブサイトに誘導する方式やブログ、メルマガがあります。

つまり、有益性が高いと感じられる情報を事前に用意しておき、検索エンジンなどをきっかけとして探し出してもらい、顧客の確保に繋げるというマーケティング手法です。
こうした仕組みからわかるように、かつてのマーケティング手法に比べ、いかに効率的に良い情報が届けられるのかが大切になるのです。
かつてのマーケティング手法は、不特定多数の人々に対して企業が一方的に訴求活動を行っていくのですが、根本的に提案する情報について興味関心が無い方が大半なので非常に非効率的ですし、興味がない案内をしつこく訴求されるとブランドイメージ自体に傷が付いてしまう恐れもあります。

一方、インバウンドマーケティングは手間をかけてキーワードを入力し、検索結果からウェブサイトに訪問してくれているわけなので、関心を抱いていることは確実ですしとても強い気持ちであると言えます。
そこで、良い案内を届けることができれば一気に顧客を獲得することができ、ロイヤリティを高められるようになるため業績に直結した結果が得られるようになります。
このようなインバウンドマーケティングは、インターネットが情報収集の術として確立した今日においてあらゆる事例に対応可能なのですが、取り分けて適しているのがユーザが検討する時間が長い高価格帯の物事です。
具体的には住宅や自動車、旅行などが挙げられ失敗すると大きな損失を被るため慎重に判断しなければならないものが挙げられます。
また、ITに纏わるサービスや美容アイテムなど目的は同一でも様々な選択肢が用意されている事例もインバウンドマーケティングに向いています。